あと数日、数時間で福井さんの作品たちがギャラリーから撤収されるかと思うと寂しさを隠しきれません。

まだご覧になっていらっしゃらない方々に是非とも本物を味わっていただきたく存じます。

【作家 : 福井安紀さんのご紹介】

1970年 京都府生まれの福井さんは、学生の頃から 「古代の人達が、身近な土や石を、草木などの素材から色を得て、土の絵具や自然の色、限られた色の中で絵を描かれた事を、少しでも感じ取りたくて」

土と石で自家製の絵具をつくり描く作品を制作して来られました。

1991年  日展に入選

2013年  高砂神社能舞台・鏡板の松を制作

2016年  鏡石鹿嶋神社・御扉に神鹿図を制作

京都・東京・名古屋・大阪・神戸・仙台・福島などで個展を開催され

今回福岡・アートギャラリー郁郁での個展が記念すべき100回目の個展となります。

そんな優しい作家さん、あと残りわずかの個展期間中、遠い京都からまた福岡に来てくださり在廊してくださいます。

その上、2月25日・26日・27日の3日間はリクエストで和紙に絵を描くイベントもしてくださることになりました。

しかも、無料でプレゼントしてくださるそうです❣️

フットワークの軽い、器の大きな、優しい心意気にギャラリーおかみ、嬉しさが隠しきれません。

この機会を逃すことなく、たくさんの皆様に足を運んでいただきたく存じます。

2月23日(金) 11:00~19:00

2月24日(土) 11:00~19:00

(作家さんは14:00頃~在廊予定)

2月25日(日) 11:00~19:00

イベント有

2月26日(月) 11:00~19:00

イベント有

2月27日(火) 11:00~17:00  最終日

イベント有

どうぞよろしくお願い致します。