最新個人情報保護法について弁護士の先生から教えていただきました。

2015年9月3日に改正個人保護法成立。2017年5月30日から施行されている内容についてはっきりと知っている方は少ないと思います。

個人アーティストだから関係ないと思っていてはいけません。みなさんが個展を開催して集めた名簿をキチンと管理していなかったら大変な事になりますよ。

個人情報の漏洩は、プライバシー権を侵害する可能性があり、賠償責任等が生じるおそれがあるため、保管には非常に注意を払う必要があります。

個人事業主として社会で活躍して行くからには、知らなかったではすまされない法律があるようです。

わかりやすい所で言うと、個人情報データベース等、エクセルデータで作成した住所録やメールソフトのアドレス帳のように検索できる状態の個人データの取り扱いには要注意です。顧客名は書かれていなくても、顧客番号が書かれている購買履歴など容易に照合することができれば個人情報になります。

個人データを取り扱う機器、個人データが記録された電子媒体・書類などは施錠できるキャビネット・書庫等に保管する。

スマホなど電子媒体等を持ち運ぶ場合紛失・盗難などの漏洩防止として、ウィルス対策ソフトウェアを導入したり必ずパスワードを設定するなど、「なくさない、漏らさない」ことに注意を払う必要がありますね。