最近インスタ開いたら自然の中に佇む動物の写真が次々とアップされてきます。

そう、2018年6月19日(火)〜24日(日)まで開催される原谷明弘さんの作品です。九州産業大学の同級生で写真家の井上拓海さんが北九州の平尾台で撮影してくださったものです。

この鹿が平尾台の自然の中にいたらどう見えると思いますか?警備の人がやってきて撮影ストップさせたくなる気持ちわかりますよね。

写真は是非

#takumixinoue

のインスタグラム探してみてください。

こんな同級生のアーティスト同士で分野が違えどお互いを高め合う関係、素敵です。

この写真は今年の5月に屋久島で見かけたヤクシカです。

原谷明弘さんの本物の木彫動物達に出会える個展、みなさん楽しみにお越し下さい。